胃腸科・消化器科

消化器内科とは

食道・胃・十二指腸、小腸、大腸といった消化管と、肝臓・胆のう・膵臓をトータルに診療するのが消化器内科です。

よくある症状

腹痛、吐き気・嘔吐・下痢・便秘、血便が代表的な症状ですが、発熱、胸やけや喉の痛み、咳などの幅広い症状が消化器疾患によって起こっていることもよくあります。

対象疾患

炎症や潰瘍などのよくある消化器疾患から、救急が必要な急性膵炎や胆管炎の対応、慢性的な肝炎・膵炎・炎症性腸疾患の長期コントロール、食道がん・胃がん・十二指腸がん・大腸がん・膵臓がん・肝臓がん・胆のうがん・胆管がんといった消化器のがんまで、幅広く診療しています。一般的な消化器疾患だけでなく、ピロリ菌検査・除菌治療、大腸がん検診、胃がん検診、機能性消化管障害である機能性ディスペプシア・過敏性腸症候群、難病指定されているクローン病・潰瘍性大腸炎などの治療も専門的に行っています。
長期的に患者様とお付き合いしながら良い状態を保っていく治療も重要です。また、早期発見と必要な場合に適切な高度医療機関でスムーズに治療を受けていただく初期診療、入院・手術後の適切なケアなど、消化器に関してなんでもご相談いただけます。

当院での消化器内科の特徴

内視鏡専門医が丁寧で苦しくない内視鏡検査を行います。

胃カメラ検査や大腸カメラ検査は粘膜の状態を直接確認し、疑わしい部分の組織を採取して生検ができるため、さまざまな消化器疾患の確定診断に大きく役立ちます。以前はバリウムによる一次検査が行われていましたが、バリウム検査では小さな病変や平坦な病変の指摘が困難、また、健康には大きな問題はありませんが、放射線による被ばくの問題、検査後のバリウムによる便秘などのデメリットもあります。胃がんや大腸がんの早期発見には、バリウムも内視鏡も欠かせない検査ですが、当院では検査中、リアルタイムに医師が消化管の粘膜を観察できる内視鏡検査をお勧めしています。内視鏡消化器専門医がきめ細かい配慮をしながら内視鏡検査を行っているため、苦しくない検査が受けられます。鎮静や、土日対応、午後対応、一時的な託児も行っております。働く世代の方々のためにも、時間的なニーズを配慮して、対応させていただいております。

一番上に戻る
24時間WEB予約
24時間WEB予約