逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは胃酸は細菌を死滅させるほど殺菌効果が高い強酸の液体ですが、胃粘膜は粘液で保護されているため溶かされてしまうことはありません。ところが、胃酸やそれを含む胃の内容物が逆流して食道に入ってしまうと、食道粘膜には胃酸から自分を保護するメカニズムがないため炎症を起こします。逆流性食道炎は胃酸などの逆流によって起こる食道の炎症です。逆流を繰り返すと粘膜がただれ、潰瘍を起こし、食道がんリスクを上昇させます。
薬による治療効果が高く、症状自体は比較的短期間の改善が可能ですが、生活習慣が発症に大きく関与しているため、再発しやすい傾向があります。そのため、薬物療法だけでなく、生活習慣の見直しや改善も不可欠です。

逆流性食道炎の症状

主な症状には、胸やけ、みぞおちや胸の痛み・不快感、呑酸(酸っぱいもの・苦いものが上がってくる)、喉の異物感や違和感、喉のつかえ感、飲み込みにくさなどがあります。長引く咳や喘息、めまいなどが起こることもあります。

逆流性食道炎の原因

加齢などによる胃や食道の機能低下、食べ過ぎや食事内容、腹圧、薬の副作用など、逆流性食道炎の原因は多く、複数の要因によって発症していることも多くなっています。

筋力や機能の低下

逆流を防ぐ締め付けは食道と胃の間にある括約筋という筋肉が担っています。し、蠕動運動も筋肉の働きで機能しています。そのため、加齢などでこの筋力が衰えると逆流を防ぐ仕組みや逆流が起こった時に胃へ戻す機能がうまく働かなくなって逆流性食道炎のリスクは上昇します。

食べ過ぎや食事内容

食べ過ぎると胃が引き伸ばされて逆流を起こしやすくなります。脂肪やタンパク質など消化に時間がかかるものを多く摂取すると逆流リスクが上昇します。また、アルコールは筋肉を弛緩させる作用を持っているため、逆流を防ぐ食道と胃の間にある括約筋をゆるませてしまいます。

腹圧

肥満、猫背や前屈みなどの姿勢、締め付ける衣類、重いものを持ち上げる動作は腹圧を上昇させ、逆流を起こしやすくします。

薬の副作用

薬の副作用として逆流を起こしやすくなることがあります。たとえば、高血圧、心臓病、喘息の治療薬には胃からの逆流を起こしやすくする副作用を持ったものがあります。受診の際にはお薬手帳か飲んでいるお薬をそのまま持参してください。副作用の起きにくい薬に変更して症状緩和につながる場合もあります。

食道裂孔ヘルニア

食道は胸部から腹部にある胃に通じています。胸部と腹部の間は横隔膜が隔てており、食道は横隔膜にある裂孔を通って胃につながっています。この食道裂孔から腹部にある胃の一部が胸部に飛び出してくることがあります。これが食道裂孔ヘルニアです。食道裂孔ヘルニアがあると逆流を起こしやすくなります。ヘルニアが大きい場合は、手術に至る方もいらっしゃいますが、だいたいの方は生活習慣、特に食事内容を変更することで改善が見込めます。胃カメラをして、食道裂孔ヘルニアが見つかる患者様は多いです。そのため、当院では、食道裂孔ヘルニアの患者様に、食べるのを控えるべき食事内容や食べ方などをお伝えし、普段の生活で改善できるところを指導しています。

逆流性食道炎の検査

食道の粘膜を内視鏡で観察し、炎症の程度や範囲、状態を確認します。バリウム検査では粘膜の状態がわかりませんし、確定診断のために組織採取が必要になった場合は内視鏡検査が不可欠です。はじめから内視鏡検査をしていれば余計な被ばくもありません。食道裂孔ヘルニアの有無や状態も内視鏡検査であれば正確に診断できます。
当院では、細くて柔らかいファイバースコープの内視鏡を導入しており、消化器専門医が丁寧に検査を行っているため、痛みや不快感を最小限に抑えられます。また、軽い鎮静剤を用いた無痛検査も可能です。

治療

内視鏡検査をはじめとする検査結果に合わせて適切な治療を行っています。薬物療法の効果が高いため比較的短期間に症状改善が可能です。ただし、生活習慣の見直しと改善をしないと再発しやすく、繰り返していると食道がんのリスクを上昇させてしまいます。当院では再発予防も視野に入れて、生活習慣の見直しや改善のきめ細かいアドバイスを行っています。

薬物療法

薬物療法胃酸分泌抑制、食道粘膜保護、胃酸中和剤などを用います。症状、体質、既往症、ライフスタイルなどに合わせて処方しています。市販薬と同じ主成分のものもありますが、医師処方の薬剤は成分の含有量が異なるため、より効果の高い治療が可能になります。また持続時間の長さが異なる薬をうまく組み合わせることで、それぞれの薬の有効性を上げることも可能です。

薬の種類 作用
PPI (胃酸分泌抑制薬) プロトンポンプの働きを抑制する薬です。再発防止にも効果的です
H2ブロッカー (胃酸分泌抑制剤) 胃酸分泌に関わっているヒスタミンH2受容体への刺激をブロックする薬です
消化管運動機能改善剤 消化管機能や蠕動運動を改善して逆流の防止につなげます。
制酸薬 胃酸を中和させて症状を緩和させることで、炎症を改善します。
粘膜保護薬 食道粘膜を保護する薬です。

漢方薬

漢方薬虚弱な人、今まで元気だったのに急に食欲不振になった人、落ち込んだことがきっかけで食事をおいしく感じられなくなった人などなど、上記のお薬でも効果のない方は、当院では積極的に患者さんと相談しながら漢方薬のメニューを決めていきます。食事がおいしかった頃に戻る方がほとんどですが、そうでない方もいらっしゃいます。その場合は、長い期間経過をみていくことが大切です。1回や2回の診察ではわからない、長く通院していただいて医師と信頼関係を築いた結果、見えてくる治療法もあります。昨日よりも今日、今日よりも明日、少しでも体調よく毎日を過ごせますように、様々な薬を組み合わせて治療法を見つけていきます。

生活習慣の見直しと改善

症状の緩和だけでなく、再発を効果的に予防するためには、生活習慣の見直しや改善が欠かせません。

食生活

食べ過ぎ、脂肪やタンパク質の過剰摂取は控えます。また、胃酸分泌を促進する甘いもの・酸っぱいものの過剰摂取、刺激の強い香辛料の多用、カフェインを多く含むコーヒー・紅茶・緑茶のとり過ぎにも注意してください。

アルコール

飲酒によって筋肉がゆるんでしまうため、できるだけ控えましょう。

喫煙

悪化させやすいことがわかっているため、できるだけ禁煙してください。

睡眠時間

食後2時間以上経過してから就寝するようにしましょう。また、横になると咳が出やすい場合にはクッションなどで上半身を高くして眠ると症状を起こしにくくなります。

腹圧

重いものを持たない、ウエストを締め付ける衣類をつけない。正しい姿勢を保つよう心がける、肥満解消は大変効果的です。

運動

無理せず習慣付けられる軽い散歩やウォーキングが適しています。運動には腹圧を下げる効果もありますし、肥満解消にも効果が見込めます。また、筋力がアップすることで括約筋の働きも向上します。

一番上に戻る
24字間WEB予約
24字間WEB予約