胃痛(機能性ディスペプシア)

機能性ディスペプシア

消化器の粘膜などに異常がないにも関わらず、食道や胃・十二指腸などに症状を起こす病気です。以前は神経性胃腸炎や胃弱などと呼ばれていましたが、胃酸分泌過多など機能の異常や、食道粘膜・胃粘膜の知覚過敏などが原因になって症状を起こしていると考えられています。代表的な症状は、胃の痛み・膨満感や張り・もたれ・吐き気などです。

胃の機能

胃酸の分泌が過剰になって粘膜が刺激され、痛みを起こします。また、胃の排出機能が衰えて食べ物が胃にとどまる時間が長くなると、もたれや吐き気につながります。

原因

胃や腸などは蠕動運動によって入ってきたものを後ろに送っています。こうした運動は意識して行っているものではなく、自律神経によってコントロールされています。自律神経は主に活動期に働く交感神経と、主に休息時に働く副交感神経があり、身体の状態に合わせた適切なコントロールを行っています。ストレスや疲れなどによってこの自律神経のバランスが乱れると機能異常が起こり、胃酸分泌の過多や蠕動運動の更新・低下が起こり、それによって症状を起こします。
また、胃腸の粘膜はストレスの影響を受けやすく、知覚過敏を起こして特に機能的な異常がなくても通常の動きや刺激を違和感や痛みとして感じることがあります。

自律神経の働きを乱す要因

  • ストレス
  • 食べ過ぎ、刺激物、アルコールなどによる胃や食道への慢性的な負担
  • 感染症(胃腸炎)による胃腸障害後
  • 睡眠不足、疲れ

症状

機能性ディスペプシアの症状としては、

  • みぞおちや胃の痛み、上腹部の違和感
  • 胃や上腹部の張り、胃もたれ
  • 吐き気

などが起こります。

検査

炎症など、症状の原因となる疾患がないかをしっかり調べ、異常がない場合にはじめて機能性ディスペプシアと診断できます。

超音波検査(腹部エコー検査)

超音波を当てて肝臓、膵臓や胆のうなどの状態を確認する検査です。
食事抜きで受診いただけましたら、いつでも検査に対応できます。基本的には予約で行います。

血液検査

炎症の有無を確認するために行います。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

食道・胃・十二指腸の粘膜の状態を観察し、疑わしい部分があれば採取して生検を行います。炎症・潰瘍・がんなどの確定診断にも不可欠です。また、ピロリ菌の感染の有無も調べることができます。

治療

検査で異常を発見できない場合、機能性ディスペプシアの可能性が高く、その治療が可能になります。

生活習慣の改善

食事内容や摂取時間を含めた食生活の見直しと改善、休養を指示します。

内服薬

胃酸の分泌過多を抑えて、胃の働きを改善する薬など症状に合わせて処方します。

漢方薬

体質や症状に合わせた処方を行います。問診が非常に大切です。粘膜の知覚過敏に効果が期待できるもの、消化器の動きを正常に導いてくれるもの、精神的な安定を与えて、自律神経失調症に対応するものなどがあります。

一番上に戻る
24字間WEB予約
24字間WEB予約