下剤を飲まない大腸カメラ検査

大腸カメラのこんなところにお困りではありませんか?

 

  • 下剤の量が多く、飲みきれない
  • 水分を摂取することが苦手
  • 下剤の味が合わず、大量に飲むのは大変

最低でも全量1.5リットルある下剤を飲むことは時間もかかり大変です。下剤を飲むことができなくて、大腸カメラ検査を受けたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうした下剤に対してのお悩みや不安がある方のために、当院では「下剤を飲まない大腸カメラ検査」も行っております。

下剤を飲まない大腸カメラ検査

 

大腸カメラ検査では、検査が円滑に行えるように腸内をきれいにする必要があります。そのために服用していただくのが、腸管洗浄剤(下剤)です。近年では下剤の種類も増えてきて、より飲みやすい下剤も登場しました。しかしそれでも、2時間で大量の下剤を飲むことは大変です。
そのようなお悩みをお持ちの方のために、当院では下剤を飲まずに内視鏡検査を受けることができます。嫌な味を我慢することも、大量の下剤を約2時間かけて飲む必要もありません。
そんな「下剤を飲まずに受けることができる内視鏡検査」には以下の2種類があり、患者様のお好みに合わせて選ぶことができます。

内視鏡的洗浄液注入法

内視鏡的洗浄液注入法は胃カメラ検査の際にスコープから下剤を注入し、その後、大腸カメラ検査を行う方法です。そのため、胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に受けて頂きます。下剤を注入後、1~2時間(通常2~3時間)ほど排便を繰り返し、腸内がきれいになったら大腸カメラ検査を受けていただけます。大量の下剤を2時間かけて飲む必要がないため、準備が短時間で済みます。

メリット
  • 胃に直接下剤を注入するため、下剤の味を感じることがない
  • 胃に直接下剤を注入するため、1.5L下剤を”飲み込む”動作がなくなり非常に楽
  • 大腸カメラ検査の準備時間が非常に短くなる(下剤服用から排便完了まで)
デメリット
  • 胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に受けなくてはいけない
  • 内視鏡的洗浄液注入法は通常の大腸カメラと比較して別途費用がかかります
  • 年齢制限あり(当院では基礎疾患の少ない60歳まで可能としています)

経鼻胃管法

鼻から細いチューブを挿入し、胃に直接下剤を流し込みます。下剤が舌に触れないため、下剤の味や量が苦手な方でも安心して検査に臨むことができます。鼻からチューブを通すのは一見痛そうに聞こえますが、チューブ自体は細く、挿入する際も少量の麻酔を使用するため痛みを抑えるように配慮しております。事前に胃カメラ検査を受ける必要もないため、費用も上記の内視鏡的洗浄液注入法より安価です。

メリット
  • 下剤が舌に触れることがないため、下剤の味を感じることがない
  • 胃に直接下剤を注入するため、1.5L下剤を”飲み込む”動作がなくなり非常に楽
  • 鼻から細いチューブを挿入するため、えずきが少ない
  • 内視鏡的洗浄液注入法と比較すると費用が安価(費用:3,000円)
  • 胃カメラ検査を受ける必要がないため、内視鏡的洗浄液注入法よりも検査時間が短い
デメリット
  • 鼻が敏感な人は、チューブを通す時に抵抗を感じる場合がある
  • 鼻中隔弯曲症や鼻腔内に浮腫がある方は行えない
  • 内視鏡的洗浄液注入法と比較して、排便時間が長くなる
  • 基礎疾患の多い方はご遠慮していただいております

検査の流れ

Step1.ご予約

当院では事前に受診をしていただき、詳しい説明を行ってから検査のスケジュールをご相談させて頂いております。まずは一度外来受診をお願い致します。
電話での詳細な検査の相談は、通常診療に影響が出てしまうため、固くご遠慮していただいております。

Step2.初診

事前に初診を行い患者様の状態・既往歴などを見て、内視鏡検査が必要かどうか、実施できるかどうかなどを判断致します。

Step3.検査前日~当日朝

前日の夕食はお渡しした検査食を食べていただきます。前日の夜9時以降は検査終了まで絶食です。検査食を利用されない場合は、事前診療時に食事内容について詳しくお伝え致します。

Step4.ご来院

ご案内しました時間にご来院頂き、受付にお声がけください。なお、内視鏡的注入法の場合は鎮静剤を使用するケースがほとんどですので、ご帰宅時に運転ができません。公共交通機関を利用されるか、ご家族などの送迎でご来院頂くようお願い申し上げます。

Step5.下剤注入

内視鏡的洗浄液注入法

内視鏡的洗浄液注入法の場合は、(ウトウト)眠っているような状態でまず胃カメラ検査を行います。内視鏡スコープから下剤を注入し、胃カメラ検査終了後、数分で目が覚めます。目が覚めたころから排便が始まり、腸内がきれいになったら、大腸カメラ検査を受けることができます。

経鼻胃管法

鼻に麻酔薬を使用し、鼻からチューブを挿入します。チューブが胃まで到達したら、下剤を注入致します。注入開始後、30分~60分程で最初の排便が始まります。

どちらの方法も、腸内がきれいな状態でないと、検査の精度が落ちてしまうため、看護師の確認のもと、洗浄が十分でないと判断した場合には追加で下剤を服用していただく場合もあります。あらかじめご了承ください。

Step6.大腸カメラ検査

準備ができたら、大腸カメラ検査へと移ります。検査の所要時間は15分程度で、ポリープ切除を行っても、ほとんどの場合30分以内に終了いたします。

Step7.検査後

検査のみの場合には、水分補給や食事に制限はありません。ポリープ切除を伴う場合は、多少の制限を守っていただくこともあります。結果は、当日検査画像をご覧いただきながら詳しくご説明します。また切除を行った場合には、制限内容についてもわかりやすくお伝えしています。

費用

健康保険適用で3割負担の例
事前診療(初診料、内視鏡検査に必要な薬剤、血液検査) 約2,500円~4,000円
大腸カメラ検査(検査のみ) 約5,000円
内視鏡検査(組織を採取して検査を行った場合1臓器につき)
※追加料金

約5,000円~15,000円

経鼻胃管法の場合:材料代
※追加料金
約3,000円
麻酔代金
※追加料金
約2,000~5,000円
(体重などによって変動します)

※表の価格は税抜き表示です。
※内視鏡的洗浄液注入法の場合は別途費用が発生致します。

下剤を飲まない大腸カメラをご希望の方は、
ぜひ当院へお越しください

高度な技術が必要なため、「下剤を飲まない内視鏡検査」を取り入れているクリニックの数は多くありません。しかし、病気が隠れている可能性がありながら、下剤に対する不安や悩みから、内視鏡検査を敬遠することは大変患者様にとって不利益です。当院では、患者様を第一に考え、この方式を取り入れています。

一番上に戻る
24時間WEB予約
24時間WEB予約