過敏性腸症候群 

過敏性腸症候群(IBS)とは

腸粘膜の炎症などはありませんが、機能に問題があって慢性的な症状を現す病気です。代表的な症状には、緊張などをきっかけに強い腹痛が起こり、激しい下痢があって排便後は症状が治まるというものです。腹痛と便秘を伴うタイプ、下痢と便秘を繰り返すタイプ、強い膨満感があって無意識にガスが出てしまうタイプに分けられます。
症状自体は多くの大腸疾患で現れるものですから、診察では大腸疾患の有無を内視鏡検査などで確認し、炎症などの病変がなければ過敏性腸症候群と考えられます。
症状が悪化するとお仕事や学業への悪影響が及ぶ可能性がありますし、外出がままならなくなるなどクオリティ・オブ・ライフを大きく低下させることも考えられます。
過敏性腸症候群は消化器内科で適切な治療を受ければ改善が見込める病気です。日常的な不調と考えて悪化させてしまう前に、ご相談ください。

過敏性腸症候群の症状

タイプによって症状の現れ方が変わります。いずれも一時的に症状が改善しますが、その後、症状を繰り返し起こします。大きな特徴として、睡眠中にはこうした症状が起こることはありません。

下痢型

突然の腹痛があって、下痢になり、排便後は症状が改善します。

便秘型

腹痛を伴う便秘があって、排便後は症状が改善します。

下痢と便秘を繰り返す混合型(交代型)

腹痛と便秘、下痢を繰り返し、排便後は症状が改善します。

膨満感が強い型

お腹の張りが強く、意識しないタイミングで不意にガスが出てしまうことがあります。

過敏性腸症候群の診断(ローマⅢ基準)

過去3ヶ月で1ヶ月に3日以上、腹痛や腹部不快感といった症状が繰り返し起こり、以下の2項目以上の特徴を示す場合と基準がもうけられています。

1) 排便によって症状がやわらぐ
2) 症状とともに排便の回数がかわる
3) 症状とともに便の形(外観)がかわる

大腸粘膜に病変がなく、上記のような症状を起こす場合、過敏性腸症候群と診断されます。

過敏性腸症候群の原因

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、蠕動運動など腸の機能に問題が起こって症状を起こしているとされています。蠕動運動のように意識して行っているわけではない機能は、自律神経にコントロールされています。自律神経はストレスの影響を大きく受けるため、ストレスがあると腸の機能も乱されます。疲れや睡眠不足なども自律神経を乱す原因になります。腸の機能である蠕動運動が自律神経の乱れの影響を受けると、機能低下では便秘、機能亢進では下痢の症状を起こします。
過敏性腸症候群の発症には他にも、腸内細菌叢の乱れ、食事内容、遺伝などの要因も関わっているとされています。

過敏性腸症候群の検査

大腸疾患は、腹痛、便秘、下痢、膨満感などの症状を現すものが数多くあります。ほとんどの疾患は大腸粘膜に特有の病変を生じますので、大腸内視鏡検査を行うことで診断が可能です。また、内視鏡検査では疑わしい部分の病変をその場で組織採取できるため、確定診断も可能です。
他の大腸疾患には緊急な処置や治療が必要な可能性がありますし、過敏性腸症候群と共通した症状を起こすものが多いため、大腸内視鏡検査で大腸粘膜の状態を確かめることが重要です。そこで病変が確認できなかった場合、過敏性腸症候群と診断されます。
当院では痛みや苦痛のない大腸内視鏡検査を行っておりますので、安心してご相談ください。

過敏性腸症候群の治療

症状の現れ方は患者様によって異なりますし、患者様のライフスタイルに合う薬剤を用いることで生活への支障を抑えることができます。患者様が特に不快に感じている症状やお困りの点をしっかりうかがって、それを優先的に解消できるようにすることで、より快適に生活していただけるようサポートしています。漢方処方も行っていますので、ご希望があればどんなことでも遠慮せずにお伝えください。また、症状改善につながる生活習慣の見直しやアドバイスなども親身に行っています。

薬物療法

腸の機能を改善するもの、便の硬さを調整するもの、腸の過敏性を抑えるもの、腸内細菌叢を整えるもの、漢方などがあります。効果の出方を見ながら、少しずつ変更して最適な処方に近付けます。漢方は、体質に合わせた処方を行っており、時間をかけて症状緩和を考えている方に向いています。薬物療法と漢方の併用も可能です。不安や落ち込み、睡眠障害などがある場合には、そうした症状を抑える薬による治療もご相談いただけます。

生活習慣の改善

ちょっとした生活習慣の改善が症状の緩和につながることがあります。また、再発防止にも生活習慣の見直しや改善は役立ちます。

食生活

唐辛子など刺激の強い香辛料や脂肪、アルコールなどの過剰摂取、食べ過ぎ、暴飲暴食は控えましょう。できれば飲酒や喫煙もある程度制限してください。食物繊維が多くバランスのいい食事を3食、規則的にとってください。食生活の改善に役立つ食物繊維が異なる場合がありますので、当院では具体的なアドバイスをさしあげています。

水分補給

たっぷりした水分補給は便秘の解消と下痢の脱水防止に不可欠です。下痢型の場合、冷たい飲み物は刺激が強いので常温か温かいものを飲むようにしてください。

十分な睡眠と規則正しい生活

腸の機能をコントロールしている自律神経は、十分な睡眠や規則正しい生活で正常に戻すことができます。朝日を浴びると体内時計がリセットされ、自律神経の乱れが解消されやすいと考えられています。

腸内細菌叢を整える

乳酸菌は腸内細菌叢のバランスを整えます。ヨーグルトや乳酸飲料だけでなく、ぬか漬けなどの漬物も豊富な乳酸菌を含んでいます。

一番上に戻る
24字間WEB予約
24字間WEB予約