心臓エコー(超音波)検査

心臓エコー(超音波)検査

心臓エコー検査とは、心臓に高周波の超音波をあてて、機械が反射波を受け取って得られた心臓の画像をモニターに映し出すことで、心臓の動きや形をリアルタイムで観察が可能となります。
繰り返し検査を受けても、X線などの放射線による被ばくの心配がないので、安心して検査が受けられます。
レントゲン検査で心臓の大きさを指摘されたり、心電図で異常が見つかった時に、心臓に異常や疾患があるかどうかを調べることができます。高血圧症の方は、心臓への負担から心臓肥大のリスクが高いので、その有無を調べることも可能です。動悸、息切れ、足のむくみなどの症状が心臓からきているかどうか、見分けることができますので気になる症状が有る場合はお気軽にご相談ください。

検査の方法

ベッドに胸部を出た状態で仰向け横になって頂きます。皮膚とプローブと呼ばれる超音波の機械の間に隙間ができないように、ゼリー剤を塗り密着させます。プローブをろっ骨に沿わせてあてながら検査を行います。ぷろーぷとモニター画像は繋がっていて、リアルタイムでの観察と診断が可能です。心電図を取りながら検査を進めていきます。
検査の所要時間は、20~30分程度となります。

検査の目的

心臓エコー検査は、心臓の形や動きに異常があるかどうかを調べる検査です。
心臓は、全身に血液を届けるために常に拍動しています。超音波検査では、心臓の動きをそのままの状態で観察することができます。心臓の大きさ、心臓の動きや心筋の厚みを調べて、心肥大、心拡大、心筋梗塞などを診断することができます。また、心臓の弁の形や動きから心臓弁膜症の診断も可能です。心臓エコーは、カラードップラー法を用いることで弁膜症による逆流の程度を調べたり、先天性心臓病である心房中隔欠損症の診断にも有用です。血液の流れる速度を計ることで、心臓内の圧力を推測して心臓に負荷がかかっているか、肺の血圧が高いかを調べることができます。

検査で異常が見つかったら

検査で心臓の動きが悪くなっていたり血液の逆流や心臓が大きくなっている等、気になる所見がみられる場合は、経過観察が必要です。
超音波検査だけでは診断がつかないようなケースや重篤な疾患が疑われる時には、必要に応じて速やかにMRIやCTが受けられる連携医療機関をご紹介しています。

最後に

心臓エコー検査の所要時間は、およそ30分となります。検査は事前予約が必要となりますので、お気軽にお問い合わせください。心臓エコー検査は、心臓肥大、心拡大、拡張型心筋症、肥大型心筋症、各種の弁膜症、心筋梗塞、先天性の心臓病などの病気の診断が可能です。
超音波検査だけでは診断がつかない場合は、連携する医療機関にてMRIやCTによる精密検査を速やかにご案内しております。息切れ、動悸、むくみ、高血圧など気になる症状をお持ちの方は、心臓エコー検査を受けることをお勧めします。

一番上に戻る
24時間WEB予約
24時間WEB予約